運転技術だけじゃない!タクシー運転手に求められる技能

救命救急に関する基礎知識

最近のタクシー事業は、多角化されている傾向にあり、通常の輸送サービスだけではない利便性の高いサービスを提供しています。最近のトレンドとしては、妊婦を対象にした陣痛タクシーや子供の送り迎えに利用できる子育てタクシー事業が挙げられ、あらかじめ会員登録しておけばすぐに配車が可能です。タクシー運転手としては、救命救急の技能やAEDなどの取り扱い講習を受けておく必要がありますので、人命救助に関わる知識が求められています。

外国人に対応できる語学能力

為替が円安傾向になると、外国人観光客が増える傾向にあり、タクシーの利用率はそれに伴い増加しますよね。このような背景から、今後のタクシー運転手には基本的な英会話ができる英語力や、中国からの観光客にも対応できるように中国語の知識も備えておく必要があると言えるでしょう。今後日本においては、少子高齢化がますます進み、外国人移民受け入れという流れになる見方が強いので、外国語に対応できる語学能力は必須と言えるかもしれませんね。

ツアー等に対応できる大型車両運転技能

タクシー事業の中には、団体客を対象としたワゴンタクシーやジャンボタクシーなどの取り扱いもあります。一日中貸し切りで利用することができますので、団体旅行でも誰かが運転手になる必要もなく、さらに飲酒も気兼ねなく行えるということもあり、シニア世代による利用が増えていますよ。海外旅行に行く際も荷物が多くなりますので、家族で一台チャーターするという使い方も一般的になりつつあります。今後は大型車両の運転技術も磨いておいた方が、業務においても有効と言えるでしょうね。

役員運転手は安全に運転が行える技術を持っているだけでなく、応対や接客に関しても厳しい研修を受けているので快適な利用が可能です。