昔とは異なる今の時代の翻訳者に求められるもの

翻訳ニーズの業種やジャンル別の動向

金融や証券などのジャンルは、かつてのリーマンショック以降はやはり需要があまり増えていないため、今でも翻訳の仕事の需要はあそれほど多くありません。しかしその一方、医薬方面では製薬業界でのニーズが多くなっており、今でも翻訳の仕事は増えています。法律や契約関係での翻訳の仕事も順調に増えているため、ビジネス全体での翻訳のニーズはやはり増加傾向にあります。特許翻訳も相変わらずニーズは多いため、産業系は堅いということです。

翻訳者に求められる顧客からの要望

最近では翻訳者に求められるスキルが以前よりも専門性が高くなったり、多様化したりしています。例えばゲームのシナリオの翻訳であれば、これまでは自然な会話文の作れるスキルさえあれば十分でしたが、今では翻訳しただけでなくその文章をスクリプトに組み込む作業や、文章が間違いなく表示されるかをテストプレイするなどのデバッグに近い業務までやるようにと依頼されるケースが増えたり、開発系のスキルも求められるようになってきています。

翻訳の料金や納期についての要望

翻訳する分量に応じた金額の単価は以前からあまり変わりませんが、納期を早くしてほしいという要望が多くなっているのが、最近の顧客の傾向です。これは顧客自体も納期に追われているため、翻訳も早く終わらせてくれないと別の業務に差し支える、という彼ら自身の状況のせいでもあります。特にIT業界はこの傾向が強いのですが、それだけ競争が激しい分、他の同業者とは違う自分の翻訳スキルの高さを見せられるチャンスでもあります。

機械翻訳は、パソコンやスマートフォンなどを利用して、外国語を自由に解読できるシステムとして役立っています。