どのような看板が集客力のある看板なのか考えてみよう

どんなお店なのかをイメージさせる看板

看板ほど目に飛び込んでくるものはありせん。それほど気になるものでもなく、あって邪魔になるどころかなければならいものでしょう。看板は視覚的なもので表示や案内板と同じように私たちにとって非常に重要です。商売を行うお店も看板によって、お店でどんなものを売っているのかアピールすることが出来るのです。売りたい側の自己主張だけではなく、興味を抱くようなキャッチフレーズを入れることで見る人に深い印象を与えることが出来るでしょう。

ショップの顔としての看板

人を見る時にはまず顔を見ますが、ショップの顔として看板も一番最初に見るところでもあります。看板次第で集客数も変わってくるほど、看板は重要なものとして考えることが出来るでしょう。居酒屋には安くて美味しいお酒をイメージするような看板があり、スポーツ用品店には、憧れの選手たちが着ているユニホームの色彩が使用された看板が似合います。ショップ自体もショップカラーとサービスのコンセプトを合わせて、商店街で馴染む親しみやすい看板を作ることを心掛けるとよいでしょう。

集客を目的とした看板の歴史

看板はいつの時代からあったのでしょうか。日本では八世紀、養老律令といった古い文献資料で看板について調べることが出来ます。まさかこんな時代から看板があったのかというほど、看板には古い歴史があるのです。その頃の看板には、文字など書かれていなく、色や形を使ってマークやデザインを看板としていました。文字の読めない人が多くいる時代には、文字看板を作ってもナンセンスだったのでしょう。今も昔も看板の意図は変わりません。ここは何屋でこんなものをいくらで売っていますというアピールは古代も現代も全く同じなのです。

看板で大切なことはよく目立つということと、内容がよく分かるということです。ぱっとみて何のお店かわかり入りたくするようにしなければいけません。