発電量の改善?チェックすべき太陽光発電の維持管理

ベストな状態に管理!太陽光発電パネルの維持

太陽光発電の発電量は、モニターによって確認することができます。住人にとって気になるのは毎日の発電量であり、期待通りの発電量がないと気になります。太陽光発電の発電量が下がる要因を探るため、太陽光発電パネルを確認してみると良いかもしれませんね。パネルの上にホコリやゴミが溜まっていると、太陽光を十分に受け取ることができない事から、発電量が下がってしまいます。清掃を行ってみれば、発電量が回復する可能性があるでしょう。

日照時間を確認!?自然環境に依存する太陽光発電

太陽光発電は、クリーンな太陽光から電力を取り出す発電方法です。そのネックとなる部分としては、自然環境に依存するということがあり、太陽の日照時間によって発電量が左右されます。もし太陽光発電による発電量が低下した場合には、季節や天候といった条件を振り返ってみると判断ができます。日照時間が少なければ発電量が少なくなるのは、太陽光発電では致し方ないことです。機器の故障ではないため、天候の回復を待つことが肝心です。

周囲の変化を観察!日照環境の評価

太陽光発電のシステム機器に異常がなく、天候も問題ないとすれば、発電量が低下する要因としては、周りの環境の変化が考えられるでしょう。周りを見渡してみると、日照に関する大きな変化が見つかることもあります。太陽光発電パネルを設置している周りに、大きな建物などの構造物が建った場合、日照が限られる事もあり得ます。対策としては、パネルの設置場所やあるいは方向を変えてみることが、発電量の回復につながることが考えられるでしょう。

太陽光発電システムを導入する住宅を購入時に、リチウムイオン蓄電池の補助金が最大100万円程度、国から都道府県ごとに支給されます。