秘書の仕事がしたい!仕事内容と秘書になるまでの過程とは

秘書の仕事の内容とは?

秘書とは、企業の社長、政治家、弁護士などの補佐役として、スケジュール管理から身の回りのお世話をする人と言うイメージがありますが、来客・電話の応対、文書作成、情報収集をはじめ、慶弔、中元、歳暮などの手配など事細かな部分まで、広範囲に渡る業務が任されます。勿論、企業の業種や専門職などの違いにより業務内容も異なるものですが、共通して言える事は、隅々まで機転を利かす事が何よりも大切ですね。スケジュール一つでも間違えてしまえば、大変な事に繋がるケースも少なくないものです。

秘書になるための方法とは?

秘書になるには、特別な資格は必要ありません。普通に秘書科などがある短大や大学を卒業して秘書が必要とされる企業などに就職し、適正とそれなりの能力を評価されれば、秘書の業務に就く事が出来ます。企業の中にそれ程多くの秘書が必要なければ、はじめから秘書としての採用と言うケースは、少ないものです。入社して経験を積み、それなりのスキルを身に付けて、将来的に秘書として採用されるのが一般的とされます。言いかえれば、誰もが簡単になれるものではない狭き門と言えるものです。

秘書の専門知識と資格の必要性

秘書として活躍するには、それなりのスキルを身につける事が重要です。一般企業の秘書と異なり、弁護士、病院、議員、大学教授などの専門職の秘書になると、基本的な秘書のスキルに加え、それぞれの業界に関する専門知識も必要になります。また、国際的な企業や専門職の場合は、英語の語学が必要な事もあります。まず、秘書としての自分をアピールするのであれば、最低限、「秘書技能検定」や「秘書能力検定」などの資格を有しておくと良いものです。更に、国際秘書を目指すのであれば、CBS検定などもお勧めです。

秘書の派遣の情報は就職情報誌では限定されています。1日も早く仕事を見つけるためには、希望職種を「秘書」にして求人サイトで検索するのが確実な方法です。