社内コミュニケーションってほんとに大事ですよね

社内の人とコミュニケーションとってます?

会社内の人間関係って、仕事する上では本当に重要ですよね。仕事中って学生の時のように会話する機会も減りますし、ちょっと違う仕事をしていると、お互いが何を考えているのかも良くわからないときがあります。最近はグループウェアやeメール、ソーシャルネットワークがあるのでそれで十分だと言う方もいますが、逆にメールが原因で人間関係にひびが入っちゃうこともありますよね。それじゃ、社内の人たちとコミュニケーションとるにはどうしたらいいんでしょう?

どんなコミュニケーションをとってたのか思い出そう!

社内コミュニケーションにおいて大切なことは、相手が何をしていて何を求めているかを察することです。同じ仕事をしていても、相手がどんなバックグラウンドを持った人なのかわからないことって多いですよね。この人ならこういう風に考えるだろう、この人ならこうしたがるだろう、そういったことを察すること、また相手が自分をどう見ているかを理解することもとても大事です。そのためにはやはり、直接会話することが大事です。そういえば社会人になる前、家族や友達とコミュニケーションで困ったことって、あまりなかったですよね。

社内コミュニケーションを活発化しよう!

社内のコミュニケーションがうまくいけば、仕事面のみならず、相手の新しい面を発見できて人生の上でプラスになることもあります。大切なのは相手の立場や気持ちを常に思いやることと、必要以上に相手の領域に踏み込まないことです。同じ職場で働いているとつい忘れがちになってしまいますが、いくら同僚とはいえやはり他人なのです。あまりにプライベートなことまで共有すると職場での人間関係に必要以上のことを持ち込んでしまうこともあります。基本は会話、そしてeメールなどのツールはメモや備忘録として使うと言った鉄則を守って、コミュニケーションを活発化したいですよね!

BCPというのは事業を行っているときに、災害や犯罪そして事故などが起こったときに、迅速に事業を継続して行うための計画です。